生理不順を感じたら相談してみよう!

女性のカラダの悩みで最も多いのが、生理不順です。女性の10人に3人が悩まされているという調査結果もあります。しかし、どこまでサイクルが乱れたら問題があるのか、意外に知らない方も多いようです。

どこから生理不順なのでしょう?

生理不順の基本的な定義は、「生理が始まってから次の生理の前日までの期間が、25日~38日のあいだに収まっていないもの」です。毎月多少ずれがあっても、この範囲内に収まっていれば、正常です。

初潮からずっと不規則という方もいますし、受験や就職などをきっかけとして変調する方もいますが、25日~38日内にある限り、とりたてて不安になる必要はありません。

中には、1日ズレただけで不安になってしまう方もいますが、人間の身体は機械ではありませんので、心配はありません。人によっては、2~3ヶ月程度の変調することもあります。しかし、これも元のサイクルに戻るようであれば問題はありません。

また、10代の方はあまり気にしなくても大丈夫。というのも、初潮がきてしばらくの間は安定しませんし、人によっては20代になって安定する方もいるからです。ただ、20代から30代にかけての人で生理が乱れている方は要注意です。

問題のある生理不順

周期が25日~38日ではない方は、次のような可能性が考えられます。

頻発月経

25日より短いサイクルで繰り返されるものを言います。短くても周期的ならば単なる体質ということも考えられますが、回数の変動が大きい場合や、不正出血が10日以上も続くようであれば問題があります。

稀発月経

38日より長いサイクルで生理になるものを言います。これも定期的なら体質ということになりますが、だんだん周期が長くなってきたときや、急に乱れて間隔が空いてきたというときは注意が必要です。「楽だ」と思って何もしない方もいるようですが、放置すると「無月経」へと移行する可能性があります。

無月経

3ヶ月以上生理がないことを言います。もちろん、真っ先に疑うのは妊娠ですが、身に覚えがないなら卵巣の機能が低下していると考えられます。重い病気が隠れていることもありますし、排卵がなければ妊娠もできませんので、早めの治療が必要です。

初潮が始まって間もない10代の女性や閉経の近い40代の女性が生理不順になるのはあまり心配ありませんが、20代から30代にかけての女性なら、何らかの問題があると考えられます。

妊娠を望む方はもちろんですが、そうでない方も卵巣などの病気を疑って、一度婦人科を受診した方が良いでしょう。

生理周期をコントロールしているホルモン
生理周期は、脳や卵巣から分泌されるさまざまなホルモンによってコントロールされています。
脳から分泌されるホルモンが卵巣を刺激して女性ホルモンが分泌され、生理や排卵が起こる仕組みとなっているのです。

まず、脳にある視床下部という場所から「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」が分泌されます。これが下垂体という場所を刺激し「卵胞刺激ホルモン(FHS)」と「黄体形成ホルモン(LH)」を分泌させます。
これらは「性腺刺激ホルモン」と言われるものです。

この2つのホルモンが卵巣に働き「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」を分泌させます。これによって生理周期が起こるほか、女性らしい体づくりも担っています。

生理周期は、脳や卵巣から分泌されるホルモンの量が増減することによってコントロールされています。
生理周期が一定であることは、妊娠しやすい体作りにも重要な役割を果たしていると言えます。

生理周期の乱れについて
正常な生理周期以外についてみていきましょう。生理周期が39日以上のものを「希発月経」、25日未満のものを「頻発月経」と言います。

また、90日以上生理が起こらないものは「無月経」となります。
生理周期の乱れは、無排卵であったり妊娠しにくい状態になる可能性があるため注意が必要です。

生理周期の乱れは、初潮を迎えたばかりの時期や、閉経間近の時期に起こりやすいと言われています。
これは生理周期をコントロールしているホルモンの影響であると考えられます。
このホルモンはストレスなどの影響を受けやすいため、生理周期が乱れることもあるのです。

まとめ
女性は体の成長とともに、妊娠できるように子宮や卵巣の準備が始まります。
これはさまざまなホルモンによってコントロールされ、一定の期間で生理周期が起こる仕組みとなっています。
これらの仕組みや役割を知ることによって、女性らしく生活することができると言えるでしょう。