ダイエットで生理不順になることもあります

さまざまな原因が考えられますが、若い女性に多いのが、栄養不足によるものです。その結果、ホルモンバランスが崩れるため、生理不順になり、肌荒れがひどくなったり髪の毛が抜けやすくなったりします。

食事を抜くことによって体が危険を感じている

短期間で無理に体重を減らそうとするために、食事を抜いたり減らしたりする人もいるでしょう。たしかに痩せるかもしれませんが、栄養が不足すると脳は危険を感じて生命の維持に必要のない機能を停止させようとします。体重を落としたいなら、食事を減らすのではなく、規則正しい食事を心がけましょう。

運動のし過ぎによる体脂肪の低下

どうしても痩せたいからと、激しい運動をする人も多くいます。この場合は体脂肪が低下するため、脳は妊娠するのは危険だと判断して生理を遅らせたりストップさせたりします。マラソンや新体操など、特に体脂肪を減らすような運動をしている方は要注意です。

過激なダイエットは、生理不順などの体の不調を引き起こすだけでなく、不妊症の原因となることもあります。無理はせず、少しずつ体重を減らしていく方法を考えましょう。特に成長途中の若い女性は、数か月でも大きな影響が出ますので、気をつけてください。